相手の行動を把握する

秘密のデート

スマートフォンにインストールされている地図アプリを使うと、現在、立っている場所が正確に表示されます。なぜ、利用者がいる位置がわかるのかというと、gpsが搭載されているからです。スマートフォン内のgpsは人工衛星と通信を行い、位置情報を受信して、その情報が地図アプリに反映されるのです。 gpsを利用することで、どういったコースをどれぐらい移動したのかということがわかるので、散歩やジョギングのデータを記録する時に非常に役に立ちます。また、道に迷ってしまった場合、gpsで自分の現在位置を確認することで、どちらに行けばいいのかということがわかります。 ただ、gpsは電気を食うので、ずっと利用しているとすぐにスマートフォンのバッテリーがなくなってしまうので注意が必要です。

gpsの使い方は他にもあります。たとえば、自転車に発信機を仕込んでおくというものです。こうすることで、もし盗まれてしまっても、パソコンなどで位置情報を受信すればどこに自転車があるのかすぐにわかります。また、市役所などは地域の回収場所に出されている古紙に発信機を入れて、無断で古紙を回収している業者が、どこに持ち込んでいるのかを突き止めるという使い方をしています。この際に仕込む発信機は勿論スマートフォンではなく、gps機能しかない専用の発信機です。 それと、最近、お年寄りが散歩に出たまま帰ってこないということが社会問題になっていますが、お年寄りに発信機を持たせることで、迷子になるのを防ぐという使い方もされています。